直腸がんの様々な治療法|直腸がんを治療・予防するために知っておきたいこと!

直腸がんは様々な治療法がある?

病院で直腸がんの検査を受けてがんが見つかった場合、すぐに治療を行ないます。治療法はがんの状態によって異なるため、全員が同じ治療法とは限りません。ここでは、がんの状態に合わせた治療法を紹介していますので、どのような治療を行なうのか気になる人はチェックしておきましょう。

直腸がんの様々な治療法

看護師と患者

内視鏡治療

直腸がんになったばかりの状態では、内視鏡による治療を行ないます。がん化したポリープがある箇所の粘膜を切除して、がんがこれ以上広がらないようにできるのです。小さい範囲だけ切除できますから、患者さんへの負担は少ないので問題ありません。

腹腔鏡下切除術

腹腔鏡下切除術はお腹に数か所穴を空けて、そこから電気メスと腹腔鏡というカメラを入れるための器具を挿入します。腹腔鏡で直腸がんを移して、電気メスを操作して治療を行なうのです。穴は1㎝程度の穴なので患者さんにかかる負担は少なく、傷痕も小さいので目立ちません。

化学療法

直腸がんの化学療法は、手術後にがん細胞が残っている場合に行ないます。直腸がんが悪化した状態では腸閉塞や腸の機能に悪影響を及ぼすため、悪化した場合はすぐに手術が必要です。手術後をした後に化学療法を行なうことで、再発を防ぐことができます。

免疫療法

免疫療法は体の中にある免疫細胞を活性化させて、直腸がんの悪化やがん細胞の治療を防ぐことができる治療です。この治療だけでは完治するのは難しいですが、他の治療と組み合わせることで高い効果を発揮します。

医師が教える直腸がんを予防する食生活

肉類の食べ過ぎは危険ですよ

皆さんお肉好きですよね。肉を食べた時には、それを分解するために胆のうから胆汁が分泌されるんです。実は、この胆汁には発がん性を含む物質があるため、それが大量に分泌されると直腸がんを発症する危険性が高くなります。ですから、普段からバランス良く野菜や海藻などの食材摂るようにして、腸に負担をかけないようにしましょう。体のことを気遣った食生活を心がけていきましょうね。

善玉菌を増やす食材を摂って腸内細菌を増やしてくださいね

腸内には善玉菌と悪玉菌と呼ばれる腸内細菌があり、この悪玉菌が増えすぎると直腸がんを発症する可能性が高くなるの。でもね、善玉菌を増やすことで、腸内環境を整えてがんを予防できるから、改善していくといいわね。善玉菌を増やすためには食物繊維を含む食材が必要になるので、キャベツやゴボウといった野菜を摂るようにするといいのよ。

大豆に含まれるイソフラボンはがん予防に最適!

イソフラボンにはがん細胞の増殖を抑える効果があり、普段から大豆製品を摂取することで直腸がんの発症を防ぐことができるというデータがあります。直腸がんだけでなく胃がんや前立腺がんにも効果があるので、豆腐や納豆などの食材を積極的に食べるようにしましょう。もし、好き嫌いがあっても、健康とどっちを取るか考えると、どうすべきかわかりますよね。

広告募集中